1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
白菜 . . . . . .. .. .. 播種. . 収穫. 漬物.
青菜(山形菜)2008
種まき
蒔き時
 おらホでは昔から9月1日前後に蒔いてきました。
9月1日に地元町内で「風(かざ)まつり」といって八幡様の太鼓を打ち鳴らす伝統行事が行われますが、この日を基準にして秋野菜の種蒔きが行われてきました。ちなみに9月1日は山形青菜、この1週間前には白菜が種蒔きされます。
蒔き方
 @良く耕した地面に1畝60センチくらいにし、ここに直径10センチほどの窪みを2  から3個ずつ30センチ間隔につくり手の甲で平らにします。
 Aこの窪みに種がぶつからないように4から粒ほど蒔きます。
 B軽く土をかけ、この上に籾殻を蒔きます。籾殻は土の固定と保水の効果が有るようです。
 C顆粒状消毒薬を散布します。
発芽
  1〜2週間程度で発芽しています。
ポイント 
 @厚く蒔かないように気をつけています。
 
手入れ
雑草取り
 
百姓は何でもそうですが、おらホにとって雑草取りが最良の手入れで、一番苦労しています。
間引き
 
葉が4枚ほどになったら1回目の間引きをし、3本立ちくらいにします。
 
2回目の間引きで1本立ちにしています。 
肥料
 
間引きの都度、市販の顆粒状合成肥料をパラパラとかけ土を寄せています。

収穫

 11月初旬、玉になって相当な大きさになったら根本から切り取ります。
 
料理
 山形名物「青菜(せいさい)」の漬け物材料となります。
 食べきれない分はそのまま畑で越冬させ、翌春若茎を茹でて楽しみます。
ワラで5,6株位ずつ縛っていきます。これを軽トラに積み
持ち帰ります。 2008.11.15  16:00 撮影
シンナリしてきました。切り取り直後はバリバリと折れて運べ
ません。 2008.11.15  15:00 撮影
一度に漬け物にしようとすると大変なので今回は作付けの
半分を収穫しました。 2008.11.15  10:30 撮影
包丁で丁寧に根元から切り取り、土の付かないきれいな所
に放置します。この時、橙色かかった葉っぱを切り取り捨
てます。 橙色の葉は苦みがあってまずいです。
2008.11.15 10:30 撮影
朝靄の中の収穫作業となりました。 
2008.11.15  9:30 撮影
朝靄の中の山形青菜(せいさい)。だいぶ大きくなりました。 
2008.09.21  6:30 撮影
山形青菜(せいさい)、10月4日の写真と比べると大きく
なっているのが確認できます。大きいもので30センチの
高さです。 2008.09.12  8:00 撮影
山形青菜(せいさい)の間引き後の状況。間引き後の肥料の
効果があったのか大きくなりました。 
2008.09.06  12:00 撮影
間引き作業の大きさになってきました。3〜4本立ちに間引いていきます。同時に周りの雑草を取り顆粒状肥料を与える予定です。2008.09.13  8:00 撮影
山形青菜(せいさい)の発芽確認。かわいい葉っぱです。
これが11月の収穫期には50センチほどの大きさになり
ます。 2008.09.06  8:00 撮影
これは越冬用青菜。来春新茎を食べ真ます
2008.09.02  1700 撮影
3時間かけてようやく完了しました。疲れました。
2008.09.02  11:30 撮影
こんな風に穴を開けていきます。底を平にして1カ所に5,
6粒ずつ反を置いていきます。結構たいへんな作業ですが、
揃った発芽、後の間引き作業を考えると欠かせません。
2008.09.02   8:30 撮影
今年もこの種を蒔きました。袋を見て原産地がアメリカとあ
りました。チョット気がかりです。来年は日本製にスイッチです。
2008.09.02   8:00 撮影
越冬山形青菜。  2008.04.26 6:15 撮影
昨秋、あまりに小さすぎて意図的に収穫しなかった山形青菜。
越冬さていました。 2008.04.26 6:15 撮影
家庭菜園/減農薬/山形.村山おらホの百姓
 元に戻る
山形青菜(せいさい)の順調です。高さ20センチほどになり
ました。収穫本番は11月初旬ですが、適当な大きさのもの
から摘み取って即席漬けにします。
2008.10.04  7:15 撮影
もったいないので収穫です。90度前後のお湯で湯通し、
塩をさっらとかけ、醤油で味付けしていただきました。
2008.04.26 8:00 撮影