白菜
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
白菜 . . . . . .. .. .. 播種. . 収穫. 漬物.
07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 2019 20
種まき
蒔き時
 おらホでは昔から8月25日前後に蒔いてきました。9月1日に地元町内で「風(かざ)まつり」といって八幡様の太鼓を打ち鳴らす伝統行事が行われますが、この日を基準にして秋野菜の種蒔きが行われてきました。ちなみに9月1日は山形青菜、この1週間前には白菜が種蒔きされます。
蒔き方
 
今年も全部ポット種まきにしました。(昨年の結果が良かったからです。)
 直まきは次のようにしています。
 ポットに種を蒔きした「苗」定植をよく見かけますが、おらホでは「種の直まき」栽培をしております。間引きした白菜を漬け物などにして食することが出来るからです。
 @良く耕した地面に鍬等で土を盛り上げ高床とし、直径10センチほどの窪みをつくり、手の甲で平らにします。
 Aこの窪みに種がぶつからないように4〜5粒ほど蒔きます。
 B軽く土をかけ、この上に籾殻を蒔きます。籾殻は土の固定と保水の効果があるようです。
 C顆粒状消毒薬を周りに散布します。幼葉を食い荒らす虫対策です

発芽
  
1〜2週間程度で発芽しています。
鳥追い
 おらホでは野鳥が横行しており発芽したばかりの芽をついばみます。鳥追いのために田圃でよく見かける市販されている鳥追いテープ設置します。
 ポイント 
 @厚く蒔かないように気をつけています。

 
手入れ
雑草取り
 
百姓は何でもそうですが、おらホにとって雑草取りが最良の手入れで、一番苦労しています。
間引き
 
葉が4枚ほどになったら1回目の間引きをし、3本立ちくらいにします。
 
2回目の間引きで1本立ちにしています。 
肥料
 
間引きの都度、市販の顆粒状合成肥料をパラパラとかけ土を寄せています。

収穫

 
11月初旬ころ玉になっていますので、手頃な大きさになったら根本から切り取ります。
 
料理
 
漬け物、鍋物など冬場の調理に欠かせません。
 食べきれない分は新聞紙などに包んで冷所(倉庫)等に保管しています。
8月20日頃、ポット棚蒔きしていました。2019.09.08 7:56 まずは床造り。209.09.08 7:56
1箇所に数本ずつなうように定植しました。籾殻は保水力を高まるようです。(土水分を乾燥させない。)約1時間の作業となりました。2019.09.08 9:03
UP写真。2019.09.08 9:03
定植後、見込み通り数日の雨。定植大成功です。2019.09.11 6:05 間引き待つ白菜。2019.09.28 13:56
 

 
家庭菜園/減農薬/
山形村山おらホの百姓